タグ:岐阜 ( 6 ) タグの人気記事
Top▲ |
展望台より2016
画像クリックで拡大します
d0130286_22401848.jpg


d0130286_22403711.jpg


到着した時にはパラパラだった雪も、日が暮れる頃にはけっこう降ってきました。
白川郷のライトアップは1月になってから・・・
展望台まで行こうか迷いましたが、やっぱり行ってしまいました^^;
前回2014年2月の雪たっぷりライトアップはコチラ(*^_^*)



Top▲ | by rabi0331-e | 2016-12-16 23:09 | 撮影ツアー | Comments(2)
合掌造りの里
画像クリックで拡大します
d0130286_22393700.jpg

d0130286_22391019.jpg

d0130286_22384454.jpg

白川郷のライトアップは1月から。
まだ雪も少ないし、土曜日でしたがまだ観光客は少なく感じました。
世界遺産白川郷。
押し寄せる観光客。
でも、
ここは人が暮らす空間。
観光客が来ようと来なかろうと関係なく、
この美しく、ある意味不便そうな空間で人々は生活しているのですよね。

添乗員さん、講師の先生から、撮影マナーについてのお話がありました。
撮影に熱中するあまり、マナー違反を平気でしてしまうカメラマンがいるという悲しさ。
ココだけではなく、全国各地でそういう話を聞きます。
立ち入り禁止区域には入らない!
私有地には立ち入らない!
肝に銘じましょう。




風邪蔓延中><
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-12-15 23:01 | 撮影ツアー | Comments(2)
残り柿
d0130286_19410094.jpg



d0130286_19492480.jpg


二度目の白川郷
周りの山々は雪化粧ですが、街中はまだまだ雪は少なく、合掌造りの屋根にもほとんど積ってはいませんでした。
あちこちに残り柿。
観光用なのかなぁ?
渋くても干したりするけど、あまり干してはいなかったなぁ。
木にたわわに実った柿が見事でした。
これだけでは合掌造りとは分かりづらい一枚ですが、
数枚写した柿の中で一番好きな一枚を挙げます。



Top▲ | by rabi0331-e | 2016-12-13 19:47 | 撮影ツアー | Comments(2)
雪の世界へ
みんなが走りだす12月だと言うのに、不良主婦の私は今年最後の撮影ツアーに行ってきました。
岐阜~富山~長野という、2日間でバスが1000キロ走ったと言う強行軍です^^;
まずは白川郷。
・・・・の前に、感激した雪山から。
白川郷は、雪化粧した山々に囲まれていました。


d0130286_20584582.jpg

d0130286_20595520.jpg

d0130286_21020658.jpg


私にしてはチョー珍しい雪景色♡



Top▲ | by rabi0331-e | 2016-12-12 21:03 | 撮影ツアー | Comments(0)
展望台より
白川郷の集落の北東に、集落を見渡せる展望台があります。
昔、荻町城があった跡とか。。。
展望台までシャトルバスがありますが、ライトアップの期間は運行中止。
坂道を20分ほどかけて昇って行かなければなりません。
明るい景色と暗くなった景色、両方見たかったので、時間調整の喫茶店でもありました。
喫茶店のマスターにエールをもらい(笑)坂道を上りました。
見上げれば、展望台にはすでに三脚の列と人だかり。
入り込む隙間はなさそうです。
少し下がった場所の木立の途切れた所で三脚を立てる事にしました。
そこもみるみる人が集まりだし・・・・

画像クリックで拡大します
d0130286_2326979.jpg


中央の大きな家は、国指定重要文化財の和田家
江戸時代の名主の名家で、重要文化財でありながら、今も住居として使われています。

だんだんと暗くなり、午後5時半、ライトアップの灯りが灯りだします。
d0130286_2332060.jpg

d0130286_23322782.jpg


雪の中に灯る灯り
屋根の雪がほとんどないので、やっぱりちょっとね・・・・^^;
でも、この場所に立てた事が嬉しかった。
写真に写す事も楽しみだけれど、やはり自分の目でこの景色の前に立って見ることが大事。
この景色のために、私はここに来たのです。
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-02-06 23:38 | おでかけ | Comments(6)
合掌造りの生活
画像クリックで拡大します

d0130286_23403859.jpg

白川郷のバスの駐車場の近くに民家園があり、中に入る事が出来ます。
入口をはいると目に飛び込むのが薪の山。
必需品ですね。
中に入ると囲炉裏の炎に癒されます。
なぜ人は、炎を目にするとカメラを向けたくなるのでしょうか?
d0130286_2345256.jpg


囲炉裏端でぜんざいを頂き、二階へ昇ってみます。
d0130286_2347042.jpg

d0130286_2348412.jpg

三階はもっとせまく・・・
d0130286_23474520.jpg

昔はこの空間を利用して、養蚕業が盛んだったようです。
実は。。。私の嫁ぎ先の今の家も、昔は農家で養蚕業もしていたんです。
建てなおす前の母屋の二階は、お蚕さんの部屋だったとか・・・
なんか近親感が沸きます^^

白川郷の合掌造りの家は、食堂だったりお土産屋さんだったり民宿だったり・・・
でも、今でも半分は実際に生活している家だとか。
30~40年おきに葺き替えが行われる合掌造りの屋根。
雪が滑りやすいようにと急こう配で厚さは80センチ!!
1件の屋根を葺き替えるのに使われる茅は4トントラック約20台分、約6,000束!!!なのだそうです。

4時間半も時間があったので、途中1件の喫茶店に入ってコーヒーを飲みました。
町はずれのお店だったからか先客が出てしまった後は私一人・・・
お店のマスターに話しかけられました。
「雪が少なくて残念でしたね」
それから白川郷の生活などいろいろ伺いました。
   雪が少ない年は、夏の雑草や虫が多いんですよ。
   昔はエアコンなんてある家はまばらだったけど、今では真夏は毎日30度越え
   みんなエアコンフル稼働ですわ・・・温暖化って言うんですかね
   でも夜は毛布と普通の布団をかけるくらい冷えるんですよね。
雪が少なくて地元の方は楽かと思ったけど、なければないで淋しかったりもするようです。
昭和38年には大雪で電線も埋まってしまったとか@@
そのままだと感電してしまうので、電線に触らないように雪かき・・・
信じられない話です。
   いい写真、撮れるといいですね
女一人旅、大きなカメラを持っているとあちこちで話しかけられます(笑)
お土産屋さんのお兄さんには「レンズは何を?」なんて聞かれたり^^
うん。。。。ナンパじゃないけど、ちょっと、うふふ(爆)


d0130286_0193349.jpg



話が長くなってゴメンナサイ。
旅日記になりつつあります、、、(*⌒∇⌒*)テヘ♪
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-02-06 00:25 | おでかけ | Comments(4)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin