雪の世界へ

みんなが走りだす12月だと言うのに、不良主婦の私は今年最後の撮影ツアーに行ってきました。
岐阜~富山~長野という、2日間でバスが1000キロ走ったと言う強行軍です^^;
まずは白川郷。
・・・・の前に、感激した雪山から。
白川郷は、雪化粧した山々に囲まれていました。


d0130286_20584582.jpg

d0130286_20595520.jpg

d0130286_21020658.jpg


私にしてはチョー珍しい雪景色♡



by rabi0331-e | 2016-12-12 21:03 | 撮影ツアー | Comments(0)

天空に浮かぶ

画像クリックで拡大します
d0130286_23123666.jpg


一瞬姿を見せた後、雲の中に消えて行った山々。
鏡の池に写るのは、真っ白な雲の世界。
まるでぽっかり浮かんだ天空の楽園。
by rabi0331-e | 2016-08-04 23:17 | 撮影ツアー | Comments(0)

八方池

標高1830mの八方山荘から2060mの八方池を目指します。
往復3時間の予定です。
木道であったり階段であったり、整備されている尾根道なので、子供連れの家族などもよく出会いました。
しかぁ~~し、日ごろの運動不足、階段が続くと足が上がりません。
ゼイゼイ・フゥ~~・・・(;;´O`)=ε3
第2ケルン(息・・・やすむ・・・ケルン)で一休み。
八方ケルンが見えます。
八方池はあのすぐ先!
画像クリックで拡大します
d0130286_083975.jpg

やっと着いた八方池。
う~~ん、やっぱり雲が多いけど・・・
みんなで晴れるように念じる。
すると。。。不帰ノ嶮(かえらずのけん)の姿が見えてきましたo(^∇^)o
d0130286_0274214.jpg

人がいる位置の上の三角山がⅠ峰、その左の二つ山がⅡ峰、その左の3つの山がⅢ峰。
このすべてを不帰ノ嶮と言うそうです。
なんか、凄い名前ですね、きつそう~
画像では見えませんが、Ⅲ峰の左奥にこの八方尾根の頂点、唐松岳があります。
八方池より上は、ちゃんとした登山装備が必要。
白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)は不帰ノ嶮の右奥。
雲よ~~~晴れろ~~~!
d0130286_032822.jpg

見えてきた見えてきた!!
無駄な事とは知りつつ、フーフー息を吹きかけたりして・・・(* >ω<)=3 
しかし、これが一番雲の晴れた時となりました。
晴天時の姿はこちら。。。白馬村HPでご確認ください( ̄ー ̄;
by rabi0331-e | 2016-08-03 23:59 | 撮影ツアー | Comments(0)

朝露キラリ

画像クリックで拡大します
d0130286_2141110.jpg


標高1830mの八方池山荘から、標高2060mの八方池を目指します。
約1時間半(かなりゆっくり目^^)の行程。
木道が整備されていたりして初心者向けの尾根道ですね。
でも、ゼイゼイ息切れしたししっかり筋肉痛になりましたが・・・・・^^;
日ごろの運動不足がたたります。

すっかり高くなった朝日に照らされ、高山植物に彩られた尾根道も朝露でキラキラ~☆・:.,;*
by rabi0331-e | 2016-07-30 21:10 | 撮影ツアー | Comments(2)

振り返れば

画像クリックで拡大します
d0130286_23503673.jpg

日の出を待って東の空に夢中になっていた時、ふと振り返れば背後から真っ赤な雲が覆いかぶさるように燃えていました。
d0130286_23525185.jpg

そしてうっすらと白馬三山
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳と並ぶ三山の真ん中、杓子岳の稜線でしょうか・・・
奥が白馬岳かなぁ?
先日白馬岳登山をした友人
制覇した山頂を眺めたかったけれど、見れなかった・・・
また次の機会に・・・ですね。
d0130286_042077.jpg

すっかり高くなった太陽に撤収。
山荘で朝ごはんのおにぎり弁当を食べて、八方池を目指して登りましょう!
by rabi0331-e | 2016-07-30 00:06 | 撮影ツアー | Comments(0)

初夏の白馬へ

d0130286_234699.jpg

d0130286_2346239.jpg


7/24(日)~25(月)
仕事を1日休み、白馬へ行ってきました。
例の撮影ツアーであります。
『水鏡に映る白馬三山と絶景星空』が目的の旅でしたが・・・・とにかく雲に覆われた二日間でした(笑)&(泣)
ゴンドラとリフト2基を乗り継ぎ、赤い屋根の八方池山荘に宿泊。
予定では夜の星空撮影のあと、深夜3時出発で八方池まで夜行トレッキングで撮影というなかなかハードなガチの撮影ツアーでしたが。。。厚い雲に覆われ星空撮影は中止。
3時出発も、八方池での展望も無理そうなので夜行は中止で、山荘前で日の出撮影の後の出発に変更。
まぁ、参加者は私より年配の方がかなり多かったので、無理はしない方がいいですものね・・・
と言うわけで、高山植物の画像満載です(*´∀`)
なかなか画像処理が出来ずボチボチとですが、しばらくお付き合いくださいね^^
あ~~~~ぁ 筋肉痛で足が痛い。。。(´∩`。)グスン
by rabi0331-e | 2016-07-28 00:13 | 撮影ツアー | Comments(2)

一の倉沢へ

d0130286_20433265.jpg


ロープウェイで天神平から降りてきて、次は最初の予定だった一の倉沢ハイキングです。
往復6.6キロですが、初心者向けコースというので気楽に・・・
思った以上の楽チンコースでした(笑)
車両通行止めになっているので、ゆっくり安心して歩けます。

d0130286_2123560.jpg


すっかり晴れ渡った空。
木陰の舗装された道を、気持ちよく歩けました。
行きつく場所は一の倉沢。
谷の底には万年雪が残っています。
岸壁はロッククライミングで有名な場所。
私は眺めるだけ~(笑)

午前中に来ていればくっきりと見えただろうけど、ちょうど太陽が近くに来ていて写すには厳しい時間帯でしたね^^;

さぁ、夜の『谷川岳星の観察会』に向けて宿に入ります。
温泉入って夕飯食べて、再度天神平へ~!
このまま晴天が続きますように・・・・・m(゚- ゚ )カミサマ!



真っ暗な中を登るロープウェイ
夜の天神平は、サックスの生演奏。
最低限の小さな灯りが道しるべ
見上げた空は・・・・
一面の・・・・・・雲!!(T-T)
ほんの一瞬星が見えた時もありましたが、やはり山の天気は変わりやすい。
残念。。。

ネオ一眼
by rabi0331-e | 2014-10-01 21:58 | 旅日記 | Comments(6)

一枚の写真からいろんなお話ができたら楽しいな♪ 画像はクリックで拡大します

by ラビ♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31