タグ:夏 ( 57 ) タグの人気記事
Top▲ |
地上の煌き
d0130286_005649.jpg


達磨山レストハウスの展望台に立ち、キラキラ煌く街灯りを見たら、やっぱりうわぁ~~~!と感動。
暗闇の中、私と同じたくらみを持つ人々の三脚が5~6本。
そして、カップル、カップル、カップル・・・(笑)
そうよね、無粋な撮影隊よりもカップルが似合うロマンチックな空間。
イヤイヤ、アタシだってカップルだいっ!なんて、無意味に張り合ってみたりして・・・(笑)
この夜景だけでもロマンチックなのに、そこに流れ星☆彡
後ろから聞こえてくる彼女の喜ぶ声がコソバユイ・・・(*ノェノ)
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-15 00:13 | 夜景・夕景 | Comments(2)
ペルセウス座流星群が見たい!
昨夜8/12は、ペルセウス座流星群の極大ということで、ずいぶん前から楽しみにしていたのですが。。。
関東地方、昼間はよく晴れていたのに夜になると曇り予報・・・
えぇ~~~~~!!そんなぁ。。。(´ω`。)グスン
どこに行けば見れるの?
前夜の天気予報では伊豆半島が望みありそう。。。運転手クンを丸めこみ仕事を終えて行ってきました。
向かったのは西伊豆スカイラインの達磨山。
本当は街灯りも見えないような真っ暗闇がいいのだろうけど、もし曇っていたら。。。の保険をかけてしまった。
最低限、夜景は写せる・・・あはは(;^ω^A
現地着が21時半。
翌日は親戚との予定があったので、0時までと決めて・・・
結果はコレです。
画像クリックで拡大します
d0130286_22591071.jpg

流星は写って・・・いません><
2時間半で見たのは5個かなぁ?
たまにこんな晴れた空になりましたが、晴れたり曇ったり。
あっと言う間に雲が広がってきます。
流れても枠を外していたり設定中でシャッター押していなかったり。
着いてすぐにながーーーーーーい流れ星が流れてわぁ~って感じだったんだけどね~。
上ばかり向いていて首が疲れました。


流星撮影には明るすぎの町並み
左端の沼津~三島です。
スッキリ晴れていれば、奥に富士山・・・だったんだけどな^^;
それはまた次の機会に・・・
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-13 23:24 | 月・天体 | Comments(2)
花々に見送られ
鏡のようだった八方池も、すっかり霧の中に隠れてしまいました。
さぁ時間です。山を降りましょう。
画像クリックで拡大します
d0130286_015481.jpg

ワレモコウが見送ってくれました。
d0130286_0163312.jpg

シモツケソウ
d0130286_0173395.jpg

ハッポウウスユキソウ(かな?)
d0130286_018474.jpg

シロウマアサツキ
d0130286_0201456.jpg

タカネマツムシソウ
d0130286_0205894.jpg

クガイソウとシモツケソウでお食事中のチョウチョ
d0130286_0251292.jpg

登りの時と同じ道を降りて来たのですが、苦しかった登りでは気がつかなかった山野草もいろいろありました^^
白馬鑓ヶ岳の頭がひょっこりと。ばいばい!また来るね!
d0130286_0254683.jpg


長々とお付き合いいただきありがとうございました。
山荘に戻り2基のリフトとゴンドラを乗り継ぎ降り立った下界は蒸し暑いのなんのって!!
ホテルで昼食、温泉に入って帰りのバスに乗り込んだとたんに降り出した雨。。。
日常から離れ楽しい楽しい2日間でした♪

帰りのバス中ではみなさん(+.+)(-.-)(_ _) ..zz
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-06 00:35 | 撮影ツアー | Comments(4)
天空に浮かぶ
画像クリックで拡大します
d0130286_23123666.jpg


一瞬姿を見せた後、雲の中に消えて行った山々。
鏡の池に写るのは、真っ白な雲の世界。
まるでぽっかり浮かんだ天空の楽園。
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-04 23:17 | 撮影ツアー | Comments(0)
八方池
標高1830mの八方山荘から2060mの八方池を目指します。
往復3時間の予定です。
木道であったり階段であったり、整備されている尾根道なので、子供連れの家族などもよく出会いました。
しかぁ~~し、日ごろの運動不足、階段が続くと足が上がりません。
ゼイゼイ・フゥ~~・・・(;;´O`)=ε3
第2ケルン(息・・・やすむ・・・ケルン)で一休み。
八方ケルンが見えます。
八方池はあのすぐ先!
画像クリックで拡大します
d0130286_083975.jpg

やっと着いた八方池。
う~~ん、やっぱり雲が多いけど・・・
みんなで晴れるように念じる。
すると。。。不帰ノ嶮(かえらずのけん)の姿が見えてきましたo(^∇^)o
d0130286_0274214.jpg

人がいる位置の上の三角山がⅠ峰、その左の二つ山がⅡ峰、その左の3つの山がⅢ峰。
このすべてを不帰ノ嶮と言うそうです。
なんか、凄い名前ですね、きつそう~
画像では見えませんが、Ⅲ峰の左奥にこの八方尾根の頂点、唐松岳があります。
八方池より上は、ちゃんとした登山装備が必要。
白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)は不帰ノ嶮の右奥。
雲よ~~~晴れろ~~~!
d0130286_032822.jpg

見えてきた見えてきた!!
無駄な事とは知りつつ、フーフー息を吹きかけたりして・・・(* >ω<)=3 
しかし、これが一番雲の晴れた時となりました。
晴天時の姿はこちら。。。白馬村HPでご確認ください( ̄ー ̄;
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-03 23:59 | 撮影ツアー | Comments(0)
八方尾根花散歩
とにかく周りは雲だらけで山々の姿は見えず・・・
講師の先生も、「今日は花を写しましょう!」(笑)
自分の体力と荷物の重さを考えてマクロレンズを持って来なかった~~~(*´;ェ;`*)
仕方ないです。
24-70mmで頑張りました。

画像クリックで拡大します
オオバギボウシ
d0130286_232043.jpg

岩間に楚々と咲いていたクモマミミナグサ
d0130286_23205764.jpg

オオヤマソバ
d0130286_23213764.jpg

キンコウカのお花畑
d0130286_2323355.jpg

レースのようなミヤマトウキ
d0130286_23241495.jpg

d0130286_23421979.jpg


園芸種のような華やかさはないけれど、
険しい山で咲く小さな命、可愛いです(*^^*)
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-08-02 23:43 | 撮影ツアー | Comments(2)
朝露キラリ
画像クリックで拡大します
d0130286_2141110.jpg


標高1830mの八方池山荘から、標高2060mの八方池を目指します。
約1時間半(かなりゆっくり目^^)の行程。
木道が整備されていたりして初心者向けの尾根道ですね。
でも、ゼイゼイ息切れしたししっかり筋肉痛になりましたが・・・・・^^;
日ごろの運動不足がたたります。

すっかり高くなった朝日に照らされ、高山植物に彩られた尾根道も朝露でキラキラ~☆・:.,;*
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-07-30 21:10 | 撮影ツアー | Comments(2)
振り返れば
画像クリックで拡大します
d0130286_23503673.jpg

日の出を待って東の空に夢中になっていた時、ふと振り返れば背後から真っ赤な雲が覆いかぶさるように燃えていました。
d0130286_23525185.jpg

そしてうっすらと白馬三山
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳と並ぶ三山の真ん中、杓子岳の稜線でしょうか・・・
奥が白馬岳かなぁ?
先日白馬岳登山をした友人
制覇した山頂を眺めたかったけれど、見れなかった・・・
また次の機会に・・・ですね。
d0130286_042077.jpg

すっかり高くなった太陽に撤収。
山荘で朝ごはんのおにぎり弁当を食べて、八方池を目指して登りましょう!
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-07-30 00:06 | 撮影ツアー | Comments(0)
早朝の奇跡
あまりに多い雲のため、早朝3時出発を諦め仕切り直しの4時半からの夜明け撮影の準備を部屋でしていると、「早く早く~~!焼けてるよ~!!」と、添乗員さん(60代女性^^)のテンションの高い声。
山荘の外に出て見ると、意外なほど薄い雲。
東を向けば日の出を前に染まり始めた空・・・
山荘の裏手の第一ケルンの周りに案内され、全員いそいそと三脚を立て・・・
しばし夜明け前の静寂に酔いしれました♡

画像クリックで拡大します
d0130286_2117474.jpg

d0130286_2118286.jpg

d0130286_21181636.jpg


晴れていたら、東の山並、八ヶ岳連峰や遠く富士山まで見えるそうですが、やはり雲が邪魔して見えず・・・
まん丸太陽にもなりませんでしたが、真っ赤な朝焼けの中、みんな笑顔笑顔 (*'∇')
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-07-28 22:16 | 撮影ツアー | Comments(2)
初夏の白馬へ
d0130286_234699.jpg

d0130286_2346239.jpg


7/24(日)~25(月)
仕事を1日休み、白馬へ行ってきました。
例の撮影ツアーであります。
『水鏡に映る白馬三山と絶景星空』が目的の旅でしたが・・・・とにかく雲に覆われた二日間でした(笑)&(泣)
ゴンドラとリフト2基を乗り継ぎ、赤い屋根の八方池山荘に宿泊。
予定では夜の星空撮影のあと、深夜3時出発で八方池まで夜行トレッキングで撮影というなかなかハードなガチの撮影ツアーでしたが。。。厚い雲に覆われ星空撮影は中止。
3時出発も、八方池での展望も無理そうなので夜行は中止で、山荘前で日の出撮影の後の出発に変更。
まぁ、参加者は私より年配の方がかなり多かったので、無理はしない方がいいですものね・・・
と言うわけで、高山植物の画像満載です(*´∀`)
なかなか画像処理が出来ずボチボチとですが、しばらくお付き合いくださいね^^
あ~~~~ぁ 筋肉痛で足が痛い。。。(´∩`。)グスン
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-07-28 00:13 | 撮影ツアー | Comments(2)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin