<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
南国の日暮れ
鋸山のある鋸南町から南下。
海岸線を南房総市から館山市に入るトンネルを抜けると、道の両脇にそびえるヤシの木の並木道。
一気に南国ムードが高まります。
この日は西の空は雲が多く、富士山はあまり期待できそうにありません。
ヤシの木シルエットの夕景!!をテーマにいい場所を探していたら、房総半島の南端、野島崎灯台まで来てしまいました。
夕陽は、伊豆大島の端に沈みそうです。

d0130286_2312411.jpg

d0130286_2313819.jpg


天使の梯子に吸い込まれていきそうです。
梯子のあとには、光の道・・・

d0130286_23163350.jpg


道の駅 保田小学校
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-01-14 23:27 | 夜景・夕景 | Comments(2)
館山夕景
d0130286_2344079.jpg


夕陽を見てから帰ろう・・・

鋸山から南下し、千葉県の先っぽ、野島崎灯台まで来ました。
けっこう雲が出てきたなぁ。

遠く見えるのは伊豆大島。
海岸のトビウオのオブジェが、夕陽に向かって羽ばたくようです。

鋸山から下山して・・・
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-01-13 23:52 | 夜景・夕景 | Comments(0)
鋸山山歩き
山の頂上の少し下にあるロープウェイ駅から、山頂を目指します。
山道・・・と言うより階段が多い。
下ったり登ったり、、、なかなかキツイ。
d0130286_2334628.jpg

山頂展望台の先っぽにあるのが『地獄ののぞき』と呼ばれる突き出した岩。
高所恐怖症の私は、当然覗いたりはいたしません!!
d0130286_22432030.jpg

その崖の下にあるのが『百尺観音』
交通安全の観音様です。
d0130286_2249353.jpg

鋸山は江戸時代から良質の石材の採掘場でした。
あらわになった岩肌が鋸山の名前の由来です。
採掘跡に掘られたのかな?
頂上から延々続く階段道を下って、中腹にある大仏広場を目指します。
途中には、江戸時代の名工が作った千五百羅漢様が点々と・・・
d0130286_22483041.jpg

d0130286_224987.jpg

ヒザがガクガクしてくるようなキツイ道ですが、鳥の声や花々に背中を押されました。
d0130286_22522384.jpg

d0130286_22524665.jpg

山の中腹、開けた広場に、日本一大きな大仏様。
鎌倉の大仏様は総高が約11m。
奈良の大仏様は約18m。
日本寺の大仏様、約31m!!@@
桁違いの大きさです。
江戸時代に作られた原型はもっと大きかったそうな・・・
今の大仏さまは、風雨にさらされ崩壊したものを、昭和44年に修復したものだそうです。
こんな山の中腹に巨大な大仏。
岩の山だからこそですね。
d0130286_2257373.jpg

御朱印を頂き、またロープウェイ駅まで今度は登り・・・
3日たった今日も、まだ筋肉痛です~><

日本寺のすぐそばまで、車で登れたんです。。。
後から知りました><
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-01-12 23:00 | おでかけ | Comments(0)
本年もよろしくお願いいたします
d0130286_2056369.jpg

d0130286_20562162.jpg

d0130286_20564744.jpg


新年も明け、今日は成人式。
いつまでもノンビリしてて申し訳ありません。
本年も、よろしくお願いいたします。

3連休初日、房総に行ってきました。
ただ単に、牡蠣小屋or浜焼きでも食べに行こうか・・・と言うだけで東京湾フェリーに乗り、とりあえず今まで何度訪れたか分からない房総なのに一度も行った事がなかった鋸山に行こうか・・・と船の中で急きょ決まり・・・
金谷港のすぐそばにあるロープウェイ乗り場に行きました。
横から見るとギザギザの、まさに鋸のように見える山。(画像ナシ(*ノω<*)
日本寺というお寺があり、大きな大仏や磨崖仏がある。
そんな知識はあったんですけどね~・・・・ロープウェイ経由で行くととんでもない山道を往復2時間も歩かなければならない事は知りませんでした。。。。。(TωT)
今日はふくらはぎが、マジ痛いです。
でも、鋸山の山頂から見た対岸の久里浜方面も、頭だけ見えた富士山も、館山方面の内房の海岸も、暖かな陽の光の中キラキラ輝いて気持ちイイ!!
日本寺のそばまで車で行ける事がわかったけど、途中の見どころはやっぱり歩かなきゃね^^

50mm
Top▲ | by rabi0331-e | 2016-01-11 21:18 | おでかけ | Comments(4)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin