<   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
皇帝ダリア
d0130286_2374688.jpg
d0130286_2395284.jpg

d0130286_23101185.jpg


晴れて暖かくなったり、雨で寒くなったり・・・
いろいろ忙しい陽気ですね。

庭の皇帝ダリアです。
今年初めて植えました。
っていうか、、、義母の畑仲間の方が勝手に球根を植えました(笑)
あちこちで綺麗に咲く花を見かけますね。
でも、我が家の花が一番よく咲いている!^^v
沢山花をつけた木が3本植わっています。
3本を一緒に収めようとすると背景に難が・・・・><
道路からもよく見えて、義母の友達がみんな褒めていってくれるようです。
植えた方曰く、「来年はもっとずらっと植えようか・・・」・・・・・(; ̄ー ̄A
どうぞご自由に(笑)
ここ数日の雨でだいぶ痛んでしまいましたが、一番美人さんの時の青空背景です^^


今日も仕事頑張りました。
すっかり日曜だけの休みが定着しちゃったなぁ。。。
忙しいと言う事はありがたいことだけどね、、、、、
週一の休みだと、家事と買い出しと休養で終わってしまう。
今年いっぱい、この調子かなぁ?(´ω`。)グスン











と、言いながら、明日の干潮時刻なんかを調べている私がいる・・・(笑)
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-29 23:28 | 庭にて・・・ | Comments(4)
YAMANAKAKO DIAMOND FUJI WEEKS
画像クリックで拡大します
d0130286_23501836.jpg


お久しぶりです^^;
なんだかとってもくたびれてしまい、失礼していました。
なんか、、、10日も前の写真を今更載せるのもナンですが・・・あはははは

記憶を呼び戻します(´∀`;A
白糸の滝に出掛けたのは、実は山中湖のダイヤモンド富士の保険でした(笑)
11/15までは冬型の高気圧に覆われ連日クッキリな富士山が見れたのですが、やっと出かけられた16日は朝から曇りぎみ・・・
東名を走っていても、富士山のおひざ元、富士の宮に行っても、どこに富士山があるか分からないような厚い雲に覆われた富士山だったのです。
この時期、山中湖畔では、連日ダイヤモンド富士が見られます。
実は週末ではこの日が冬至前は最後の湖畔観察日・・・
この後は花の都公園など湖畔以外になってしまいます。
冬至を過ぎまたこの湖畔に帰ってくるのは来年1月末・・・
なんとか行きたいと出掛けたのですが・・・・
富士山の姿すら見えないんじゃぁ・・・とほとんど期待せずに向かった山中湖。
近づくにつれ、どんどん富士山の姿が見えてきて、これは?!!!と期待したのですが・・・・・(笑)
結局、富士山頂に太陽が沈む3時半。
最後の最後、頭の雲だけ取れずに終わってしまいました(泣)
まぁ、こんなもんです(笑)

2月は雪の中・・・行けるかなぁ????^^;
でも、一度くらい山中湖のダイヤモンド富士を見てみたいなぁ~。
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-26 00:08 | Comments(2)
打つ!
画像クリックで拡大します
d0130286_23415249.jpg


思ったより激しかった水流。。。
打ち付ける飛沫は、滝行に良さそう?(笑)
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-18 23:48 | 水景 | Comments(4)
富士白糸の滝
画像クリックで拡大します
d0130286_23292121.jpg

d0130286_23293894.jpg


土曜日は仕事を少しと親戚の用事を済ませ、日曜日にお出かけしてきました。
お天気的には土曜日に出掛けたかったのですが、仕方ないですね^^;
少々疲れ気味でもあったので気楽に行ける富士山麓へ。
富士宮市にある白糸の滝です。
超有名な観光地ですが、実は初めて行きました(A;´・ω・)
奥日光から滝つながりになってしまいましたね。。。
もう少し紅葉しているかと期待してたんだけど、イマイチ~~><;

正直言って、私はスローシャッターというものをほとんどしたことがありません。
日光でも手探り状態で、もう少しやってみたかったと言う事もありました。
ココの白糸の滝って、けっこう水量も多いし勢いがあるんですね。
軽井沢にも白糸の滝がありますが、あちらの方が『白糸』かな?^^
しっかし、どこに行っても中国人が多い・・・・
写っている人たち、半分以上が中国人です。
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-17 23:43 | Comments(2)
龍の背
画像クリックで拡大します
d0130286_1944926.jpg

撮影ツアー、最後の撮影地は龍頭の滝です。
残念ながらここはもう紅葉が終わっていて、滝の周りの落葉樹は、みんな葉が落ちてしまっていました。
湯ノ湖から落ちる湯滝の流れは、湯川となって戦場ヶ原を流れ、龍頭の滝から地獄川!!となって中禅寺湖に注ぎます。
滝上でバスを降り、撮影しながら龍頭の滝へ。
はるか向こうには中禅寺湖も見えています。
カップルのジャケットが紅葉~(^O^)
龍頭の滝が龍の頭なら、そこまで下る川は、さしずめ龍の背でしょうか?^^
d0130286_19555285.jpg

d0130286_19561350.jpg

d0130286_19563247.jpg

d0130286_19565270.jpg

豪快に流れる川の流れを楽しみました。
龍ならぬ、ワニのような頭もあったりして?^^
d0130286_1958649.jpg

d0130286_19582451.jpg

ここも、紅葉の最盛期には真っ赤に彩られるのになぁ~~!
残念!!

お土産を買う時間もほとんどなく、ただひたすら撮影を楽しんだツアーも終わりです。
心配された渋滞もなく、午後4時頃、新宿の解散地に到着。
またどこか、なかなか自分だけでは行けないようなツアーがあったら参加しようかな?^^
2週間にわたりながながお付き合いくださりありがとうございました。
ツアー前から仕事が忙しくなり、残業、土曜出勤の毎日を送っています。
年末まで走り抜けましょう!
寒くなってきました。
皆さん、風邪ひかないでね(*^_^*)
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-15 20:06 | 旅日記 | Comments(2)
湯滝
一人歩いた道。
なんとか集合時間9時の20分前に到着。
朝5時にここをハイブリッドバスで出発した時には真っ暗だったので、どこに行けばいいのかちょっと悩む(笑)
これから湯滝に向かい、レストハウスでうどんの朝食が待っています。
お腹すきましたぁ~!
3時半にコーヒーを飲んだだけで9時まで動き回っていたんですもの!
キノコの風味がたっぷりの暖かいうどんは、お腹に浸みました♪

目の前は、日光三名瀑のひとつ、湯滝。
湯ノ湖から一気に流れてきます。
d0130286_22553553.jpg


今年は水量が多いようですね。
豪快に流れ落ちていきます。
もう少し早い時期だったら、滝の脇は紅葉に彩られていたのになぁ。。。。。
残念!!

バスの奥で・・・
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-14 23:07 | 旅日記 | Comments(0)
穏やかな流れ
画像クリックで拡大します
d0130286_23123896.jpg

d0130286_231352.jpg


今夜は冷え込みそうですね。。。
と、小田代ヶ原に想いを馳せています(笑)

妄想はさておき・・・
赤沼の集合場所に近づく頃、川の流れに出逢いました。
湯ノ湖から戦場ヶ原を流れる湯川です。
水の流れを見ると癒されます。
この穏やかな流れが、龍頭の滝へと続きます。
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-13 23:17 | 旅日記 | Comments(0)
森の道
画像クリックで拡大します
d0130286_23151947.jpg

すっかり高くなった朝日を浴びて、清々しい朝の森です。
カラマツの葉も、ずいぶん落ちてしまってます。
冬はもうすぐそこに・・・
上ばかり見上げて歩いていると、早朝の冷え込みで凍った木道に足を滑らせてしまいます。
湿原のツルツルの木道から、森の中に入るとフワフワの木道に・・・
d0130286_23153798.jpg


小田代ヶ原の湿原から、集合場所の赤沼まで、一人歩きました。
迷子にならないように・・・
時間に遅れないように・・・
撮影と言うより、歩く事を楽しみました。

赤沼が近くなると、ちらほらハイカーとすれ違うようになりました。
60代くらいのご夫婦。
「もうすぐですか?」
「え?どこまで?」
「小田代ヶ原」
「あと40分、頑張ってください^^」
「あははは~」

年配の方にバスを勧めたのは正解?(笑)



d0130286_23243299.jpg

Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-12 23:25 | 旅日記 | Comments(2)
Gold Shower
画像クリックで拡大します

d0130286_2252824.jpg

陽の光の暖かさを、これほど実感したのも久しぶりでした。
日の出前の冷え込み・・・ヒザがぶるぶると笑っていました((((゚Д゚))))
ピンクの朝焼け、蒼い朝、、、
そして、金色のシャワーが降り注ぐ
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-11 22:59 | 旅日記 | Comments(0)
蒼い朝
画像クリックで拡大します
d0130286_19541825.jpg

d0130286_1955067.jpg


山陰から朝日が射し、貴婦人を照らします。
眠っていた木々が、一気に輝く時・・・
蒼い朝です。

今回は、霜もモヤも草紅葉も、何もありません。
数年に一度大雨の時、幻の湖も出現します。
それだけいろんな表情を持ち、引きつける貴婦人。
そうね、またいつか、今度は個人的に、いいタイミングで来てみましょう。


メンバーさん達、最初は皆さん小田代ヶ原を歩いて集合場所の赤沼に行くつもりの方ばかりでした。
でも、講師の先生がバスで戻る事を強く勧め、結局ほとんどの方がまたバスで戻り赤沼周辺で撮影する事を選びました。
ほとんどが年配の方であることが理由のようでしたが。。。
1時間あれば歩ける距離ですが、撮影しながらだと遅くなってしまう事も懸念されたようです。
でも私は絶対に歩きたかったので、バス停へ戻る行列に背を向け、一人木道を歩きました。
ただ一つ、分かれ道ではしっかり地図とにらめっこ!
一人で歩いて迷子になってしまったら、、、、、ぶるぶる!
小田代ヶ原、貴婦人だけじゃないですよねぇ^^
Top▲ | by rabi0331-e | 2014-11-10 20:13 | 旅日記 | Comments(0)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin